現状にご不満はありませんか?

by admin 自分で精力回復をしたいのなら、解決の近道は原因の分析から

精力減退の原因はいろいろと考えられますが、その原因から一様に精力減退という症状になるのは血流が関わっているようです。
生活習慣病で精力が減退するのも動脈硬化などで血流が悪くなるのが原因ですし、ストレスで精力が減退するのもホルモンのバランスで血流が悪くなるからです。
血流が悪くなる原因はいろいろあります。
先にあげた生活習慣もそうですし、ストレスもそうです。
加齢による精力の減退も血流の悪化が原因です。
よく知られていることだと思いますが、陰茎には陰茎海綿体というものがあります。
勃起をしている時はこの陰茎海綿体が血液で満たされているわけです。
血流が悪くなると、この陰茎海綿体を血液が満たすことができなくなります。
これだけが精力が減退する理由というわけではありませんが、さまざまな原因もこれに集約されるのではないかと思います。
さて、精力が減退したなら精力回復をしようということになります。
どこかに動脈硬化や梗塞があるのなら、それを治療することから始めなければなりません。
軽度の動脈硬化や梗塞にはあまり自覚症状があらわれないのです。
その代わり勃起障害という症状があらわれます。
精力回復をする解決策としては、血流を悪くしている原因を知ることから始めましょう。
原因が動脈硬化であるならその治療が先決です。
生活習慣病が原因なら生活習慣病をまず改善することです。
自分の精力減退がどこから来ているのか、しっかり分析するのなら泌尿器科やED専門のクリニックで診てもらいましょう。